夜明け前が一番暗い

外に出たら、卒業式みたいな天気だった。空気とか光とか色とか温度とか、からだで感じたもので簡単に脳は騙されるからおもしろい。歩けば歩くほど卒業式感は確実に感触としてあって、文字にしたいと思った。言葉にしないとなかったことになってしまうからなんとかして表そうと思った。なんていうか、変に壊されてしまうくらいなら綺麗なまま自分の胸にしまっておきたいみたいなのが根底にあるから、うまく言葉にできなくて悶々とした1月で、こういう意識の持っていかれ方は久しぶりで少し抜けたような気がする。読み返すとまだまだ気持ち悪くて伝える文章として薄いけどこれは訓練。

 

tokuhain.arukikata.co.jp

  

クロアチアのコルチュラ島に桜があって、2月なのにうそみたいにその場だけ華やいでて、春、って誰に伝えるわけでもなく撮った3年前の写真と今日の写真を見比べる

 

f:id:pageyaro:20180206194141j:image

f:id:pageyaro:20180206194148j:image